2009年度 第1回 合同訓練スタート

2009年度の第1回 介助犬合同訓練がスタートしました。ま6月24日から毎週2泊3日の予定で福岡から宮崎県まで訪問形式で合同訓練に取り組みます。2009年10月に介助犬の認定試験を受けるという予定で計画しています。厚生労働省の規定では最低40日以上の合同訓練を受けなければなりません。車の走行距離は700㎞です。今回で5日間の訓練を終えました。

最近、邦画の剣山 点の記」を観ました。その映画の中で、「大事なのは、何をしたかではなく。何のためにしたのかという意味が大事だ」という場面がありました。私どもの協会が、九州第1号の介助犬を育成する事が目的ではなく、九州第一号の介助犬を育成し介助犬に対する認知度を向上させ、九州地方にお住まいの方に介助犬育成を通じて社会貢献をすることが目的なのだということを再度確認しました。

私が通っている、介助犬希望者のお宅は、宮崎県の農村地帯で、霧島が遠くに見え、あたり一面に田園が広がる農村地帯です。いつも通る道路に掛かる橋の一つに「萬年橋」というのがあります。ここの風景が私は気に入っています。「萬年橋」から見える田んぼには、稲が植えられて間もない状態です。ここから見える田んぼの稲が、黄金色になって稲穂が垂れる頃には、介助犬第一号が育成されているのでしょう。

私も焦らず、稲と同じ速度で成長し黄金の実りを手にできたら最高に幸せです。

yone3.jpg
福岡から毎週3日間、レイクと共に宮崎まで訪問します。

yone6.jpg
サ^ビスエリアで排泄します。
トイレシートはレイクが自分で運びます。

yone2.jpg
サービスエリアで記念写真を撮影。

09y.jpg
福岡~宮崎までは、遠い道のりです。
でも米盛さんの喜ぶ笑顔が疲れを吹き飛ばしてくれます。

yone1.jpg
米盛さんの自宅近くから名峰、霧島が見えます。

yone.jpg
萬年橋の下の田園は、稲を植えたばかりです。
秋には黄金色に稲穂が実ることでしょう。

カテゴリー: 合同訓練 パーマリンク

2009年度 第1回 合同訓練スタート への1件のフィードバック

  1. kunie のコメント:

    sakurai様

    宮崎までの長い道のり、ご苦労様です。
    今日、北九州で募金活動をしましたが、まだまだ九州での介助犬の認知度は低いなっと言うことを実感しました。
    しかし、中には「ワンステップ見て介助犬を知りました」「ノーブルちゃんのテレビ見ました。辛いと思いますが頑張ってください」という、温かいお声もいただきました。

    これから、私たちの方も色んなところに出向いて、介助犬の素晴らしさや必要性を色んな方々に知ってもらいたいと思います。「今、自分にできること」を見つめて、向上していきたいと思います。

    それが少しでも、九州第一号介助犬の育成につながれば嬉しく思います。

    米盛さんのご自宅は、のどかで自然がいっぱいですね。
    しかも霧島と言えば、とても神聖な山だと知り合いのお坊さんが仰ってました。

    そんな素晴らしい環境で、ゆっくりノビノビと米盛さんとレイクの共同訓練頑張って下さいね。
    いつも応援しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です