介助犬の仕事(介助犬グレース)

r4.jpg

介助犬の仕事は、主に犬が物品を、拾って人に渡したり、指示された物品を運んできて人に渡すことが仕事です。ですから、犬の資質として物品を咥えたり、運んだりする犬が介助犬には適しています。でもその資質がないと介助犬になれないわけではありません。人でも犬でも長所と短所があります。介助犬の一番重要な物品を拾う仕事が苦手な犬でも、他の資質は優れていることがあります。グレースは、性格的に優しく素直の良い点を持っています。私の傍に居るだけで満足するような犬です。介助犬としての物品を拾うことには、まったく興味がありませんでした。いわゆる、文科系のおとなしく物を拾ったりするのが得意ではない犬でした。

r6.jpg

でも少しずつグレースにおもちゃで遊んだり、紐を引っ張り合って遊ぶことの、面白さを教えました。もちろん私もグレースと一緒に楽しんで過ごしました。その甲斐あって、最近では、おもちゃを拾って遊ぶことが大好きになりました。グレースが飽きない様に、「もう少し、遊びたいな~」という気持ちの時に遊びを止めて次に期待するように、訓練を慎重に進めました。訓練というより、楽しく遊んで、介助犬の仕事を教えてきた、とう感じです。訓練で大事なのは、長所は伸ばし、短所は克服させることです。それが訓練技術です。訓練にマニュアルはありません。一頭一頭犬の個性が違います。訓練も違います。訓練士はそこで訓練の技術(訓練の引出し)と忍耐を学ぶのだと思います。

r3.jpg

今では、グレースは、物品を拾って持ってくるのが大好きになりました。すなわち介助犬の仕事が大好きになりつつあります。これからもグレースの成長を楽しみに訓練に取り組んでいきたいと思います。

カテゴリー: グレースの訓練 パーマリンク

介助犬の仕事(介助犬グレース) への4件のフィードバック

  1. keiko のコメント:

    こんばんは、桜井さん。

    介助犬の訓練 お疲れさまです。
    一つ一つクリアしていく 訓練の喜びと大変さと懐かしいです。

    全然進まない時 ものすごくよくできる時
    完璧にできたときの感動と凄さと すばらしいです。

    いいなーーーー!!!あの頃に戻りたい!!!

    もう一度 訓練してみたいです。

    グレースのうれしそうに持ってくる顔 (^^)

    かわいいです。抱きしめたいです。
    ほめまっくてあげたいです!!!!

    がんばれーグレース!!!

  2. sakurai のコメント:

    keiko さん
    犬を訓練する喜びは、犬とともに壁を乗り越えて、犬と共に感じるものです。訓練をした者にしか分らない感動だと思います。

    元気になって介助犬や聴導犬の訓練にチャレンジして、あの時の感動を味わってください。

    keikoさんを犬達が待っていますよ~!応援しています!

  3. keiko のコメント:

    >>桜井さん

    がんばって治して わんこと共にチャレンジさせてもらいますからね。   ちょっと ドン臭いかもしれないけど(笑)

    楽しみだなーーーーー!!! 

    今日 これから戻ります。

    手術は 明後日 AM 8時過ぎにスタートします。

    10時間に及ぶ 大手術だそうです。

    でも これを乗り越えないと 明日がきませんから・・・

    行ってまいります。

    ヤフーのブログで「ワタケイ」もしくは「笑顔でよろしく!!!」で検索すると 闘病記録がでますので お暇なとき 覗いてみてください。

    笑顔でがんばってきます!!!ガッツだぜ。。。。

  4. sakurai のコメント:

    keikoさん
    明日は、大変手術ですがkeikoさんならきっと癌に打ち勝てると信じています。

    keikoさんは、この逆境を恨まず、受け入れ与えられた運命に立ち向かっています。

    運命を受け入れ、精一杯立ち向かうkeiko さんは、きっとこの病気を乗り越えることができると信じています。

    乗り越えた後は、また大好きな犬を訓練してくださいね。

    福岡から、みんな応援しています。
    keikoさんのブログ、拝見させていただきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です