グレース初めてのホテル訓練

100605oe.jpg?

2008年の4月に介助犬を目指して訓練を始めたグレースの訓練もいよいよ仕上げに入りました。グレースは介助犬の基礎訓練はマスターして実力もしっかりしています。しかし未知の環境下、様々な刺激の中で、実力が発揮できるように実践の中での訓練に移行しなければなりません。そこで今回は、福岡県内で行われた大江裕さんの介助犬育成チャリティーコンサートに同伴し啓発活動を通して訓練をすることにチャレンジしました。

100605oe1.jpg?

グレースは、初めてホテルで宿泊しました。将来、介助犬はユーザーと一緒にホテルなどに宿泊する場合があります。それらを想定して訓練しなければなりません。一緒にすく泊する場合、訓練で重要なのは、排泄をホテルできちんとしてくれるかどうか心配です。訓練センターという慣れた環境だと排泄をスムーズにする犬も場所が変わったりするとスムーズに排泄ができなることもあります。グレースは、初めての宿泊にもかかわらず排泄もきちんとしてくれました。

?100605oe3.jpg

大江裕さんの介助犬育成チャリティーでの啓発活動も、初めてステージにも拘わらず、落ち着いて介助犬の実演を観客の皆様に披露してくれました。余裕でしょうか車いすの傍で眠っている一幕もありました。(大物ぶり発揮)

100605oe2.jpg?

グレースのように介助犬を目指していく上で、訓練所では得られない環境下での訓練成果がこの2日間で得られました。これも一重に介助犬チャリティーのご協力をしていただいた大江裕さんやオフイス九州の皆様、ホテルのご厚意があったからこそできたことです。思えば介助犬は、多くの皆様のご厚意に支えられ訓練が成立していることを改めて思い起こしました。
グレースが介助犬になれるように皆様のご厚意を大切にしてグレースとともに認定合格を目指します。

カテゴリー: グレースの訓練 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です