故「ノーブル」の一周忌

100410noburu1.jpg

桜の花も散り始めました。昨年4月10日に病に倒れ永眠した故「ノーブル」の一周忌を迎えました。今日は職員一同で「ノーブル」の一周忌を行いました。振り返れば長いようでもあり、アッという一年間でもあったように思います。今でも「ノーブル」が亡くなったことが信じられないような気持ちです。私たちと一緒に九州介助犬第一号に向けて共に進んでくれていた同志でした。ノーブルを失い一時期私たちは、九州介助犬一号育成という大きな目標を見失ってしまいました。

しかし「ノーブル」の志を受け継ぎ九州介助犬一号を育成に向かって邁進することこそが「ノーブル」の願いだと気づきました。そして2009年11月3日に「ノーブル」の遺影を一緒に伴い介助犬認定試験機関を訪れました。「ノーブル」の妹分の「レイク」が厚生労働省介助犬認定試験に試験に合格してくれました。私たちと「ノーブル」の悲願であった九州介助犬第一号育成を達成することができました。

これからも「ノーブル」の意志を引継ぎ九州の介助犬普及に努力していくことを「ノーブル」に誓いました。「ノーブル」と歩んできた道を、いつも心の中で見守ってくれている「ノーブル」と一緒に介助犬普及に向けて歩んでいきます。「ノーブル」はいつも私たちと一緒です。

明日は、いよいよ念願の九州介助犬第二号の模擬試験を「ロータス」が受験します。もちろんノーブルの遺影も一緒に同伴します。天国のノーブルも応援してくれていると思います。 ? 合唱

カテゴリー: 日々の出来事 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です